「幅員減少」と「幅員狭小」の読み方は?意味や違いについても解説!

「幅員減少」と「幅員狭小」の読み方と意味に違いついても解説!

車で工事現場を通過する際に「幅員減少」という看板を目にする機会があると思います。

何となくイメージはできるものの、読み方や意味がわからない・・・。

私もそんな1人ですが、あなたもですか!

同様に「幅員狭小」という看板も目にする事があると思います。

この記事では、「幅員減少」と「幅員狭小」の読み方や意味、2つの違いについて解説しています。




幅員減少と幅員狭小の読み方と意味は?

幅員減少と幅員狭小の読み方と意味は?

「幅員減少」「幅員狭小」は昔は私も「はばいん」と読んでいました。

しかし正しい読み方は「ふくいん」という読み方をします。

「幅員減少」は「ふくいんげんしょう」という読み方

「幅員狭小」は「ふくいんきょうしょう」という読み方が正解です。

よく間違える読み方として「はばいんげんしょう」「はばいんせましょう」があります。

よくある間違い読み方の1つとしても有名です。

幅員減少よ幅員狭小の意味とは?

幅員減少の意味は「道路の幅が狭くなる」という意味になります。

幅員狭小の意味は「道路の幅が狭くなるうえ通れないかも知れません」という意味になります。

イメージとしては「幅員減少」より「幅員狭小」の方が「より狭くなる」と思ってもらうといいでしょう。

幅員減少や幅員狭小はどんなところに設置される?

幅員減少や幅員狭小はどんなところに設置される?

幅員減少に関しては、工事現場によく設置されます。

工事現場は状況によって道路の幅が変わりますので、幅が狭いよ!という注意になります。

しかし極端に道路の幅が狭くなる工事を行う場合には「幅員狭小」という看板を設置します。

山道や林道に関しては「幅員狭小」という看板が目立ちます。

というのも基本道の幅が狭くなるため、先が通れなくい場合が多く、幅員狭小を多用します。

「幅員減少」と「幅員狭小」読み方や意味の違い【まとめ】

ここまで幅員減少と幅員狭小の読み方と意味について解説してきました。

幅員減少よりもさらに狭くなる場所において幅員狭小が使われるケースが多いようです。

幅員減少は「ふくいんげんしょう」という読み方で意味は「道路の幅が狭くなる」。

幅員狭小は「ふくいんきょうしょう」という読み方で意味は「道路の幅が狭くなり通れない可能性あり」。

看板を見て読み方知ってる!と思ってもらえると私としても嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA