トレーサビリティとは簡単に言うとどんな意味?わかりやすく解説!

トレーサビリティとは簡単に言うとどんな意味?わかりやすく解説!

最近新聞やニュースで「トレーサビリティ」という言葉を聞きます。

トレーサビリティとは耳にはすんなり入ってくる言葉ですが、簡単に知りたいよ!という人も多いと思います。

この記事では「トレーサビリティ」という言葉についてわかりやすく簡単に解説しています。

トレーサビリティと反なのか知りたい方は是非ご参考にされてください。




トレーサビリティとは簡単に言うと?

トレーサビリティとは簡単に言うと?

トレーサビリティとは簡単に言うと「追跡調査をする仕組み」という意味になります。

簡単に言うと「食品の原産国を記載しなければならない」と考えてもらうとわかりやすいでしょう。

トレーサビリティという言葉は「トレース(跡)」「アビリティー(能力)」が組み合わさった言葉になります。

物の原料だけでなく、物の原料の根元まで調査するという意味になります。

コンピューター業界では、システムに不具合が起こった時に根元の部分までトレース(追跡)する事をトレーサビリティといいます。

一方暮らしに直結する買い物などでは

アメリカ産の牛肉とあるのですが、トレーサビリティシステムを使う事によって

アメリカのどこで生産された牛肉か?

がわかります。

もともとトレーサビリティーとは食(お米)の安全を確保するために、作られた仕組みといえます。

食品の買い物をする私達からすると、どこで取れたお米かわかった方が安全ですからね。

もとはお米の米トレーサビリティ法とBSE問題から始まった言葉

もとはお米の米トレーサビリティ法とBSE問題から始まった言葉

お米のトレーサビリティ法とは、米を取引した際の記録を残しておく事や購入者に対して原産地を伝える事を目的とした法律です。

以前(1990年代)タイ米が日本に輸入された事件をご存知でしょうか?

そうです、日本が猛暑に見舞われた際にお米が全然取れなくてタイ米を輸入するに至った事件です。

その頃はまだトレーサビリティ法という法律はできていませんでした。

しかし2000年代に入ると「遺伝子操作をした食べ物の出現」「産地偽装の流行」が横行し始めた為、国として食の安全を確保する動きが出ました。

特に米と牛肉のBSE問題がきっかけとなったと言われています。

食品分野のトレーサビリティを確保するためにまず「お米」がトレーサビリティ法の規制を受けるようになったと言われています。

でも消費者の私達からすると、日本の主食である米の安全はとても重要ですよね。

お米がトレーサビリティ方の規制を受けると、牛肉や食品全般がトレーサビリティ法の規制を受けるようになりました。

トレーサビリティとはどんなところで役に立つ?

トレーサビリティとはどんなところで役に立つ?

トレーサビリティ暮らしの中で最も役に立つところは「食中毒」など食べ物に関する事故が起こった時といえます。

トレーサビリティ法があるために、食中毒を起こした肉はどこから仕入れた商品かがわかるようになっています。

普段安全に食べるだけであれば問題ないのですが、事故が起こった時の原因究明に役に立つといえるでしょう。

配達物に関しても、会社として配達完了がわかる点もトレーサビリティ方の影響を受けているといえますね。

2020年現在ではバーコードがない商品というのは店舗では販売できません。

バーコードの普及もトレーサビリティ法が広まった要因の1つと考えられるでしょう。

トレーサビリティとは簡単に解説!【まとめ】

ここまでトレーサビリティとは何のか簡単に解説してきました。

普段聞く言葉ではあまり意味を知らない人の多かったでしょう。

トレーサビリティとは言葉は難しいですが、簡単に言うと「追跡調査する仕組み」という意味です。

「トレース(追跡)」と「アビリティ(能力)」が組み合わさった言葉です。

トレーサビリティ法という法律があるために私達は安全に買い物や即時ができる事を忘れてはいけませんね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA