社交辞令という言葉の意味や用法とは?好印象を受ける使い方も解説!

社交辞令という言葉、よく耳にしますよね。

ビジネスシーンや日常生活の何気ない会話のなかでも出てくる言葉だと思います。

しかし私たちは社交辞令という言葉の意味や用法を正確に理解して使えているのでしょうか?

この記事では、社交辞令という言葉の意味や使うのに適切な場面、社交辞令の印象まで幅広く解説しました。

ぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね。




社交辞令という言葉の意味とは?

社交辞令という言葉の意味とは?

まずは社交辞令という言葉の意味について調べました。

『社交上の応対の言葉。つき合いの上でのほめことば。外交辞令。』(広辞苑より引用)

社交辞令は別の言い方で外交辞令ともいうんですね。

私が使用した他2つの辞書では、社交辞令ではなく外交辞令の方に意味が載っていましたのでそちらもご紹介します。

『(本心とはうらはらに)相手が喜ぶような事を口先だけで言う、調子のいい言葉。』(新明解国語辞典より)

『相手を喜ばせるためにいう、儀礼的な、口先だけのお世辞。社交辞令。』(明鏡国語辞典より)

また、「社交辞礼」はよくある間違いで「礼」と「令」で漢字が違いますので誤用です。

正しくは「社交辞令」ですので、うっかり間違えないように気をつけてみてください。

社交辞令はどのような場面で好印象?

社交辞令はどのような場面で好印象?

社交辞令に対する主な印象としてはマイナスに取られる場面が多いと思います。

  • 「嘘っぽいので苦手」
  • 「信用できない」

どちらもマイナスなイメージとしてとられるものが多いですよね。

確かに社交辞令は本心ではないので、良いイメージは持ちづらいですよね。

相手をわざとらしく褒めてばかりでは、嘘をついていると思われることもあるかもしれません。

しかし相手が目上の方または上司である場合はどうでしょうか。

誘いをはっきり断ったり良くない感想を素直に言ったりするのは失礼にあたりますし、今後の関係性に支障をきたすこともあり得ます。

そこで、なるべく悪い印象を与えずにその場をとりあえずやり過ごすために社交辞令を使うんですね。

こんな断り方にするとどうでしょう?

れいあ
今度の飲み会こうへいさんもどう?
こうへい
すみません、その日は予定が入っていて…せっかく誘っていただいたのに申し訳ありません!次の機会にぜひご一緒させてください。

この断り方だったら、良い印象を持ってもらえるのではないでしょうか?

また、あまりはっきりとノーと言えないという人にとっては、社交辞令はとても便利なものになると思います。

社交辞令という言葉の意味や用法とは?【まとめ】

ここまで「社交辞令」の言葉の意味や使い方について解説してきました。

ビジネスシーンで使う事が多い社交辞令ですが、意味を間違えないようにして使いたいものですね。

それではここまでをまとめてみましょう。

・社交辞令の意味【まとめ】
  • 本心とは逆のお世辞を言うこと。
  • 相手を喜ばせたり、付き合いを上手く進めたりするための言葉。
  • あまり使いすぎるとマイナスイメージになってしまう。
  • 社交辞令は使う場面や言い方によって、好印象のまま誘いを断ったり感想を伝えたりできる。
  • 断るのが苦手な人でも、社交辞令によって相手に伝えやすい言い回しになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA