厳格化の意味と使い方は?例文を交えて類義語や対義語も解説!

あなたは厳格化という言葉を聞いたことありますか?

厳しくするって意味かしら?と思いますが、「厳密」「厳重」などという言葉もあるので違いはなんだろう?

と思い調べてみました。

厳格化を調べてみると「厳格にすること」と出てきました。

厳格の意味が分からないのに「厳格にする事」と出てきても・・・とは思いましたが・・・。

厳格化の意味とは?

厳格化の意味とは?

単純なイメージとして「厳しくする」ような意味と感じます。

私がいろいろな辞書を引いてみて出てきた言葉の中には次のようにありました。

厳格化の意味とは?
    >正しくない物事を許さないさま。
  • 失敗、不成功、不正、例外などを許容しない様子。
  • 規則および手順に厳しい注意を求めるさま。
  • 規律または判断において容赦なく妥協しないさま。
  • 妥協または柔軟にできない
  • 要求を行うことに厳しくまた絶え間ない

やはり、いろいろな物事に対して厳しいという意味のようです。

使い方の例文にはどんなものがある?

使い方の例文にはどんなものがある?

厳格という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

どれも「厳しい」という意味を踏まえて見ていってみましょう。

厳格を使った例文
  • 「厳格な教育」
  • 「厳格に規定する」
  • 「厳格に審査する」
  • 「厳格な父親」

どの文章もいろいろな場面で聞いたことがある言葉ですよね。

一方で徐々に厳しくなる厳しい〇〇という使い方も見てみましょう。

「法律を厳格化」や「感染対策を厳格化する」 

など、徐々に厳しくなっていく様を指しているように思われます。

厳格化の類義語にはどんなものがある?

厳格化の類義語にはどんなものがある?

厳格化の類義語に「厳しい、厳に」という言葉があります。

意味としては「厳重」「厳しくていい加減を許さない」という意味になります。

また「厳正」という言葉も厳格化の類義語になります。

意味としては「厳格で公正なこと」となります。

いい加減な事や正しくないことを許さないといった言葉であり、厳格の意味と似ています。

類義語が多い分、文章での使い分けにも注意が必要です。

厳しいという言葉の使い分け
  • 「厳重」はいい加減なことが許されない厳しい様子。
  • 「厳格」は、しつけの面などで怠慢を許さない厳しい態度
  • 「厳正」は公正をまもるうえで厳しい

ちなみに、厳密は類義語ではありません。

厳密という言葉の意味は「細かい点まで手落ちなく厳しく行うさま」「標準からの逸脱を許さないさま」となります。

使い方としては「厳密な検査」「厳密に言えば」という使い方になります。

厳密と厳格は全く意味が違って、厳格は「教育を連想させる場面」で多く使用されています。

似たような言葉だと思っていましたが、「細かくすること」と「決まりを厳しくする」といった点で違った意味になりますので、使い方を間違えないようにしないといけません。

厳格の対義語としては、寛大化があります。

寛大化は寛大化傾向といった言葉で使われていて、評価が甘い、高いといった傾向になるという意味になります。

厳格化の意味とは?【まとめ】

ここまで厳格化の意味について解説してきました。

厳格化という言葉自体が非常に表示が難しく、説明するのも苦労しました。

ここまでをまとめてみましょう。

厳格化の意味【まとめ】
  • 厳格化とは物事に対して厳しくするという意味である
  • 正しくない物事を許さないさまをいう。
  • 厳正という類義語の意味は「厳格で公正な事」となります。

厳格化という言葉の意味は厳しくするという意味です。

しかし類義語もたくさんあり、厳格という言葉の使い方は文章で表したいことを踏まえて考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA