「一生懸命頑張る」の意味とは?一所懸命と同じ意味で使われている?

「一生懸命頑張る」の意味とは?一所懸命と同じ意味で使われている?

「一生懸命頑張る」は会話やスピーチ、文章の中でもよく使われる表現ですよね。

皆さんも一度は使ったことがあると思います。

しかし「一生懸命」という言葉は間違いだ、という話を聞いたことはないですか?

なかには、「一所懸命」という表現が正しいよ、と教わったことがある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「一生懸命頑張る」という表現の意味や由来、「一所懸命」との違いを解説しています。

皆さんもぜひ参考にしてみてくださいね。




「一生懸命頑張る」の意味を解説!

「一生懸命頑張る」の意味とは?一所懸命とは何が違う?

まずは、「一生懸命(いっしょうけんめい)」という言葉の意味を紹介します。

一生懸命の意味

『全力を尽くして物事をするさま。懸命。一所懸命。
「一所懸命」から出た語。今では「一所懸命」より一般的。』(明鏡国語辞典より)

『「一所懸命」の長呼。「懸命」の強調表現。』(新明解国語辞典より)

つまり「一生懸命頑張る」というのは、「全力を尽くして頑張る」という意味になります。

また、「一生懸命」は「一所懸命(いっしょけんめい)」が由来になっていて、今では「一生懸命」の方が多く使われているようです。

「一所懸命」の長呼、つまり発音しやすいように「しょ」の部分を「しょう」と変えて使ったのが「一生懸命」という言葉の始まりなんですね。

「一生懸命」と「一所懸命」の意味は違う?

「一生懸命」と「一所懸命」の意味は違う?

「一生懸命」の由来にもなった、「一所懸命」という言葉の意味を解説します。

一所懸命の意味

『中世、主君からもらった一か所の領地を生活の基盤として、そこに命をかけること。』(明鏡国語辞典より)

『昔、武士がただ一か所の領地を死守して生活の頼りとしたこと。』(新明解国語辞典より)

もともとは、「生活のために自分の土地を命をかけて守る」という意味だったので、「所」という字が使われているんですね。

例えば、「一所懸命の地」のような使い方をされています。

この、「土地を死守する」という意味から派生して、「命がけで頑張る」という意味で使われるようになったようです。

そしてのちに「一生懸命」という言い方が一般的になり、「一所懸命」とどちらの言葉も存在するようになりました。

どちらの言葉を使っても間違いではないですが、あくまで最近は「一生懸命」の方が一般的になってきた、ということですね。

一生懸命頑張るの意味【まとめ】

ここまで「一生懸命頑張る」の意味や使い方について解説してきました。

「一生懸命」と「一所懸命」あなたはどちらの言葉を使いますか?

どちらも言葉としては同じ意味だと分かってもらえましたが、どちらかというと一生懸命の方がニュアンス的にいいですよね。

それではここまでのまとめです。

一生懸命の意味【まとめ】
  • 「一生懸命頑張る」は、「全力を尽くして頑張る」という意味。
  • 「一所懸命」という言葉が由来で、元は「生活のため命をかけて土地を守る」という意味だった。
  • 「一生懸命」と「一所懸命」のどちらも間違いではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA