社交辞令の意味とは?上手な見分け方や使い方についても解説!

社交辞令の意味とは?上手な見分け方や使い方についても解説!

社交辞令という言葉を日常生活や仕事の場面でよく耳にしませんか?

ビジネスシーンでは取引先などに良く使われる社交辞令ですが、社交辞令とはどのような意味なのでしょうか?

多くの人にとって社交辞令は必要不可欠なものですが、嘘のように聞こえるなど否定的な意見も多く聞かれています。

今回この記事では社交辞令とはどのような意味なのか?

社交辞令を使う場面や上手な見分け方などについて解説していきます。




社交辞令とは?どんな意味?

社交辞令とは?どんな意味?

社交辞令とは、あらゆる場面での人付き合いにおいて物事をスムーズに進めるための挨拶や相手を褒める際の言葉を意味します。

社交辞令は人との関わりをスムーズに進めるための決まり文句や誉める言葉と考えるとわかりやすいでしょう。

褒める言葉というとお世辞にも似ていますが使い方は少し異なります。

社交辞令とはただ相手を喜ばせるだけの言葉で、相手との社交(交わり)を円滑にするための言葉になります。

社交辞令を使う場面とは?

社交辞令を使う場面とは?

社交辞令を使う場面とは、比較的次の約束を取り決める時や、物事に誘われた時に使う場面が多いです。

日常において相手に何かを勧められたり、誘われたりした場合に相手と良い関係を続けていきたいのであれば快く応じたほうが得策です。

一方で次の約束をする際に気乗りしない場合や都合が悪くお断りする際、語尾に社交辞令を付け加える事が多いです。

また、異性に対し当たり障りのない褒め言葉でも社交辞令として使われています。

異性への社交辞令の定番
  • 「カッコイイね」
  • 「お綺麗ですね」
  • 「かわいいね」
  • 「モテそう」

上記は異性への社交辞令の定番フレーズとなります。

実際に「可愛い」「カッコイイ」と言われると正直は気分が上がりますが、社交辞令の可能性が高いです。

たとえカッコイイ、可愛いと思っていなくても言って損はなしという感じで使う方も多いようです。

社交辞令のつもりで言ったのに、本気にされて困った経験がある方もいるでしょう。

「本命の異性には言えない」という方もいますので、もし社交辞令を言われても本気にせずに流した方が無難だと言えます。

次にお誘いを断る際の社交辞令の定番として

「また今度誘ってください」

「また今度連絡します」

「行けたら行きます」

など相手を不快な思いにさせずにやんわりとお断りしたい時などに使います。

あなたも一度は必ず言われた経験がありますよね。

私も社交辞令を言われた経験もありますが、まさに「相手を気遣うための嘘の言葉」というほうが正しいのではないでしょうか。

さらに、恋愛においても社交辞令を使う事がありますが、恋愛においての社交辞令の場合は使い方を間違えると相手を傷つけてしまう場合もあるので慎重に使うのがベストです。

社交辞令を使う場合、本音で言っている場合と悪く言うとその場しのぎで言っている場合があり見分ける事が重要となります。




社交辞令の見分け方

社交辞令の見分け方

社交辞令の見分け方とは、次回の約束をする時などに具体的な日時があるかどうかがポイントです。

具体的な社交辞令を紹介してみましょう。

「今日の歓迎会どうだった?楽しかった?」

に対して

「楽しかったです!また今度も行きたいですね!」

だと社交辞令の可能性は高くなります。

断りはしないけれども、行きたくないという考えがあるかも知れません。

しかし

「また来月も行きたいですね!」

となると社交辞令を使われている可能性は低くなり、本当に行きたいのかなと思う気持ちがあります。

「明日」「今週」「来週」など具体的な内容がポイントとなり明白な日時などがあれば社交辞令の可能性は低くなります。

しかし、「いつか」「また今度」など、具体的な内容がない場合の時は社交辞令の可能性が高いと言えます。

言い方を変えると「その場しのぎ」で言っている言葉だと認識しておくといいですね。

その場しのぎで社交辞令を使い有言実行できない人間がこの世の中には割と多くいます。

ですので社交辞令は、具体的な内容が明白かどうかで簡単に見分けができるという事を覚えておきましょう。




社交辞令とは?【まとめ】

今回は、社交辞令とは?意味や見分け方、使う場面などについてまとめてみました。

良い意味、悪い意味で使う事がある社交辞令ですが、人との関わりを円滑にするためには社交辞令を使うことも必要ということですね。

それではここまでのまとめになります。

社交辞令とは【まとめ】
  • 社交辞令とは人との付き合いに欠かせない
  • 明日来週など日時の指定が具体的であれば社交辞令ではない可能性も
  • 誘いなどをやんわり断る場合は社交辞令を使う

この記事を是非参考にしていただけたらとても光栄に思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA